美容のコラム

女性の方が冷え性になりやすい?女性の体を冷やす3つの原因とは

手足の冷えが気になる、足がむくみやすい、慢性的な肩こりに悩まされている……これらの症状は、冷えが原因で起こっている可能性があります。 冷えに悩まされる女性の数は非常に多く、なんと成人女性の2人に1人が冷え性で悩んでいるとも言われています。 最近は冷え性に悩む男性も増えてきていますが、それでもやはり女性の数の方が圧倒的です。 一体なぜ、そんなにも多くの女性が冷え性に悩まされているのでしょうか。 今回は、その原因と考えられる3つの要因についてお話します。

女性の体が冷えやすい原因3つ

男性に比べて女性の方が冷え症になりやすいのは、女性の身体の構造が理由だとされています。 女性の冷えを招く主な原因は以下の3つです。

筋肉・脂肪の量

実は筋肉には、体の熱を作るという重要な役割があるのです。 しかし女性は、男性に比べて筋肉量が少なく、さらに筋肉がつきにくい構造をしています。 反対に、男性に比べると脂肪がつきやすくなっていますが、これも冷えを招く原因に。 女性は、妊娠・出産のために皮下脂肪を多く蓄えています。皮下脂肪は寒さや暑さ、衝撃から内臓を守る大切なものです。 しかし皮下脂肪には、一度冷えてしまうと温まりにくくなってしまうという欠点があり、冷えのもととなってしまいます。

女性ホルモン

冷えは、自律神経のバランスが乱れ、血管の収縮といった体温調整がうまくできなくなることでも起こります。 女性ホルモンと自律神経は同じ部分でコントロールされているため、女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経のバランスまで崩れてしまいます。 そのため、ストレスや生理等で女性ホルモンのバランスが乱れると、冷え性を引き起こしてしまうのです。

月経

女性の身体に月に一度起こる月経期間中は、血液の量が一時的に減少した状態になります。 血液が減ることにより赤血球で運ばれる酸素の量が減少し、食べ物の分解が滞ります。すると、エネルギー源が不足して体が冷えてしまうのです。 中でも、妊娠・出産のために重要な役割を果たす、子宮や卵巣といった女性特有の内臓器官はとくに血液が滞りやすいと言われています。 血行の悪さ、エネルギー不足は共に冷えを招く原因です。月経期間中は、とくに冷えによる症状に悩まされやすい時期なのです。

いかがでしたか? 女性と男性の構造の違いが、女性に冷え性が起こりやすい原因だったのですね。 また、ダイエットによるエネルギー不足やファッションのための薄着や素足なども冷えを招いてしまう原因となります。 なるべく肌を出さない、冷たい飲み物を飲み過ぎないといったことを心掛け、冷えから体を守ってあげましょう。

新着のコラム